So-net無料ブログ作成
検索選択

Antec TPQ-850 [電物]

TPQ-850_001.jpg
電源を買ってみました。

今回のタイトルは型番で、正式名称はTruePower Quattro 850 といいます。

AntecさんのHPはこちら→http://www.antec.com/world/jp/





この10月にPCを買ったばかりなのに、何故、突然に電源を購入したかというと











TPQ-850_002.jpg
こんな画面が毎日出るようになった為です :-)

ただ、何度か再起動させていると正常に起動するようになります。
(正常になったように見えても画面に走査線状にゴミが表示される場合もありました)



サポートに問い合わせると
「お使いのPCをリカバリーして初期化後に再度動作を確認してからもう一度お問い合わせ下さい」
という回答。

・・・客をなめてんのか 日本Hewlett-Packard Company

ソフト的な問題だったら問い合わせしないよ、そんなレベルでPC使って無いよ・・・。
そもそも、正常動作時のバックアップを作ってあるのでリカバリーは無意味なわけで。

まあ、この手の企業相手にしても時間の無駄なので
自力で解決する事にします。

エラーメッセージよると、nVidiaのグラフィックボードが正常に起動していないようなので
原因は電源だな、と判断しました。

え、グラフィックボードが異常なんだったらグラフィックボードが原因じゃないの?
と思われる方も居られるとおもいますが、この手のエラーメッセージが出るにも拘らず
何度か再起動させて5~10分ほど経って電源が暖まって来た頃に
正常に動作するようになった場合、まず間違いなく電源の問題です。

粗悪な電源は使用環境によっては正常に動作してくれないもの
なのです。


さて、替わってTPQ-850のパッケージを開けてみましょう。





TPQ-850_003.jpg
ごっつい電源ですね。

TruePower Quattroシリーズは黄色いラインの850Wと
白いラインの1000Wの2種類がラインナップされていますが、
今回はAntec娘ちゃんが愛用している850W版を購入してみました。



TPQ-850_004.jpg
何の関連性も無いままリカバリディスクに利用させていただいていましたが、
今回、電源ユーザーになったことで妥当な適用となりました。




TPQ-850_005.jpg
パッケージ裏と取り扱い説明書

6ヶ国語で記載されています。




TPQ-850_006.jpg
カラー写真付きで非常に分かり易いレイアウトです。
組み込み方法についての説明も他のページにありました。





TPQ-850_007.jpg
ちょっとピンボケしている仕様ラベル

既に組み込んだ状態でこの記事を書いているので撮り直しができません。

ケーブルの引き出しの都合上、
このラベルはメンテナンスホールとは逆側に向いてしまっている為、
撮り直しにはかなりの手間がかかってしまいます。

でも、この向きが電源冷却ファンの正対位置なんですよね・・・なんででしょう。




TPQ-850_008.jpg
付属のマウント用ビス(4本)
黒です。こだわりを感じますね。





TPQ-850_009.jpg
本体から直に出ている基本ケーブルの他に、
選択式のコネクトケーブルが複数同梱されていました。

Antec独自のアドバンスト ケーブルマネジメント システムだそうで、
不要な電源ケーブルを極力排除してPCケース内のエアフローの改善が可能な
画期的な構造になっています。

1対1で接続を選べるわけではないし、バリエーションも限られているので、
ある程度は役に立つといった感じでしょうか。





TPQ-850_010.jpg
電源交換前の状態。

5インチベイの一番上にあるのが10月に出た
Buffaroの8倍速記録型Blu-rayドライブBR-H816FBSです。
日立LGのOEMで、本来の型番はBH08NS20です。

IOデータでも同様のドライブを販売しているのですが、
Buffaroの添付ソフトはPowerDVD系だったので、こちらを選択してみました。

殆ど使用していないので記事にしていないのですが :-)


5インチベイの一番上に標準でインストールされていた
LightScribeドライブは2番目の5インチベイに移動させてあります。

それに伴ってケース前面パネルの
Expansion BayとLightscribe DVDの表示を上下入れ替えてあります。

まあ、修理に出す場合は
色々弄ってある状態を元に戻さないといけないので大変です。





TPQ-850_011.jpg
これがhp標準電源のラベル。

12Vラインどころか5V、3.3Vラインですら20Aに届く部分が見当たりません。





TPQ-850_012.jpg
TPQ-850に換装した後の状態。

流石に15cm電源から18cm電源に載せ換えると苦しい部分がありますね。
というかTPQシリーズ以外の18cm電源ではm9380jpには入らないと思います。





TPQ-850_013.jpg
これが摘出された癌細胞。

酷い云われようですが、事実だからしょうがない。

それはそうと、もう使われる事も無いと思いますし、処分はどうしよう・・・。







TPQ-850_014.jpg
まあ、正常にデスクトップが開かれるようになって良かった良かった :-)





それでは、また次回。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0