So-net無料ブログ作成

メタルマックス4 月光のディーヴァ [遊戯]

まあ、怒涛のDLC群だと聞いてビビッてしまって・・・

本気で買うかどうか悩みましたが・・・買いました。





METALMAX4_01.JPG
ゲーム本編よりも山本先生の新作が読みたかったのが本音
限定版なら確実に手に入るというので夏頃に予約しておきました。

ゲーム本体が定価6980円
限定ボックス版だと9980円
予約してあったので値引きで8096円・・・何だか安い気がしてくる不思議!

Limited Boxの同梱品はゲーム本体以外に

1.コミック(笑うカドルス)+初期設定資料本
2.ワールドマップ完全表記のマイクロファイバークロス
3.オリジナル(セレクション)サウンドトラックCD
4.Metal Max2の四天王が出てくるようになったりタイガーII+が手に入ったりする
DLCコードがパンチされている金きらきんのプラスチックカード

4番は何でこんなにおだいじんを演出する必要が・・・?

ちなみにこのDLCコードはゲームのタイトル画面で入力すると
インターネット認証を行うという仕組みなのですが、小文字で入力すると弾かれます。

いちど弾かれて焦りました :-)


METALMAX4_02.JPG
コードを入力すると無料で購入という扱いになってダウンロードが出来るように。

任天堂はアカウント制じゃないから
本体が壊れると面倒なことになりそうなイメージしかない。
何か対策があるのだろうか。

まあ、お金出してまで追加DLC買わないと思うので
Limited Boxを選んで正解?



METALMAX4_03.JPG
戦闘画面はこんな感じ。
DSで出ていた3とはだいぶ違っていてもプレイ感覚はお馴染みの感じ。
完成されたメタルマックスというスタイル・・・の陰に隠れた初見殺し :-) もあります。

まあ、戦闘画面はポリゴーンしてますが3D表示ではないです。
この方が表示できるモデルの精度が上がるので良いと思います。


とりあえず、「装備は手に入れただけじゃダメだ。ちゃんと装備しろよ」
は健在です。

買わずに手に入ったときは装備を変えるかどうか聞いてこない。
このストイックさがメタルマックス! なのだろうか。

序盤は装備、消耗アイテムがゴロゴロ手に入るので
無茶なプレイをしなければ回復アイテムを少し買うくらいで大丈夫。



2013年11月13日追記
サマンサのキャンプへ行かないと早期購入特典(11月14日まで)の福袋が貰えません。
サマンサのキャンプは普通にプレイすると見つけ難い位置なのでヒントを。

ソーセージ・インの北へ進み、周囲が開けてきたらそのまま東へ進み続ける


それでは、また次回。


PS3版 BLAZBLUE CHRONO PHANTASMA [遊戯]

BBCP_01.jpg
インストール中・・・




BBCP_02.jpg
というわけでPS3版ブレイブルー CSから3年経って続編に手を出しました。

途中経過は全く気にしていなかったので、CS IIは未体験。
実機で動くレリウス・クローバーは初見になります。

それどころか、新キャラまた増えてるし!





BBCP_03.jpg
ユウキ=テルミは特典ですぐ使えるようになるようです。

・・・これも本当はDLCとして買うもの?







BBCP_04.jpg
発売から1週間経って記事にしているのは、ココノエ配信開始を待っていたため。

まあ、マコト、ヴァルケンハインのときと同じで、ほぼ使わないんですが、とりあえず購入。





HDDへのインストールが終わってとりあえずストーリーモードでもやるか、と思ったら
○ボタンを押す作業が20分くらい続いても戦闘が始まらないんですが・・・。

先は長そうだ。



それでは、また次回。

Come Here In New PocketMonster “Y” [遊戯]

3DS_PokeMon_Y_01.jpg
というわけで、遂に3DSでシリーズ最新作のポケモンが登場しました。

姉と打ち合わせをしていなかったので2人ともYという始末。

まあ、これはこれで同じ仕様で
どれだけ違った冒険が展開されるのか検証できて良いかも。








3DS_PokeMon_Y_02.jpg
今回はスタートポケモンを3人で分け合うだけじゃなくて、
主人公+男の子2人+女の子1人+主人公と違う性別の子、
合計5人でスタートとなっています。

スタートポケモンそのものはいつもの3種類から選ぶことになっています。

草ポケモン:ハリマロン火ポケモン:フォッコ水ポケモン:ケロマツ
公式HP→http://www.pokemon.co.jp/ex/xy/pokemon/first3/








3DS_PokeMon_Y_03.jpg
主人公が男の子だとスタートポケモンを分け合う2人が女の子だけという
萌え路線かとも思わせる仕様ですが、
もっと幅広い層(特に低年齢層)を取り入れたいという市場戦略を感じなくも無い。





3DS_PokeMon_Y_04.jpg
おっと、サナもスタートポケモンを厳選して♀を選んで来ているようです。
ちなみに性格も含めて厳選した為、2時間くらいかかりました。

しかし、こちらが水なのに草ポケモンを貰ったセレナ(カルム)ではなくて
火ポケモンを貰ったサナが勝負を挑んでくるとは。

やはり、最初は楽に勝たせて勝利込みでバトルの楽しさを実感させようという温(r
温かい仕様になっているようです。

まあ、こうした場合、育成に拘るならわざと負けるべきなんですが、
実は私、クリアした事があるのは金・パールのみなのです。
ホワイトはチャンピオンズロードで止まってます。もちろん2は買っていません。



以下、囲いの中は読む必要ありません。書きたかっただけです。
-----------------------------------------------------------------------------
ポケモンを対戦ツールとしてではなく普通のRPGとして見ているためか、
シリーズを遊ぶたび『ひでんわざ』を憎々しく 思っています。 
バッジで開く扉とか用意すればいいじゃんとか思っています。

覚えているとバトルで凄く役に立つ! コレ無しではいられないッ!

というやり方はできないものかと疑問を感じています。
覚えるとポケモンが第一線を退くようなお邪魔わざなんて存在する意味が感じられない。

『いあいぎり』 なんてMAP移動以外の目的で覚えさせるとはとても思えない。

命中95、威力50のノーマルわざを覚えさせるなら、
命中100威力40の別なわざを覚えさせた方が運任せにならず確実な選択だと

・・・とりあえず、邪魔になったら忘れさせるようなわを 『ひでんわざ』 と呼ぶのは
そろそろ考え直した方が良いのではないかと思います。

便利だと、みんながみんな同じわざばかり使うようになるから、というのなら
結局、同じわざばかり使うようになるシステムに問題があるわけで。
-----------------------------------------------------------------------------



さあ、冒険の旅へ、出発だ!


それでは、また次回。