So-net無料ブログ作成
検索選択

AQUARION EVOL サウンドトラック CD [音楽]

AQUARION_EVOL_EVE01.jpg
本日2012年5月23日(水)発売
アクエリオンEVOLのサウンドトラックCD、『イブの詩篇』を購入しました。

VictorじゃなくてlyingDOGから発売されているのですが、
犬繋がりなので問題ありません?

というかビクターエンタテインメントの系列会社なんですね。



前作にあたる創聖のアクエリオンも全話DVDを持っているにもかかわらず
全話視聴していません(本放送時にリアルタイムで観ていましたがそれも跳び跳び)が、
今作も放映済みの本編は殆ど観ていないのですがBlu-rayで買い集めている最中です。





AQUARION_EVOL_EVE02.jpg
AKINOさんが大人になり、日本語ボーカルとして安定してしまったのが
少々残念ですが、成長方向への変化は自然の摂理ですね。

たどたどしい歌唱の方が好みだったので重ね重ね :-)



菅野よう子さんの楽曲は好みではありますが、
全部集めるような聴き方はしていないので、今作でも新鮮さを感じます。



アニメ本編の方は、
誰がアポロ」で「誰が太陽の翼」で「誰がトーマ」の転生者なのか
非常に気になります。
シルヴィアは前作のアポロ同様に「人外」だと確信しているので気になりません。

なので、ちょこちょこ放映時に観てしまっています。
全話揃ってから観た方が時間の節約になるのはなるのですが・・・。


それでは、また次回。


ノイズキャンセリング ヘッドホン Klipsch Mode M40 [音楽]

Klipsch_Mode_M40_01.jpg
Klipsch Mode M40というノイズキャンセリング機能付きのヘッドホンを買ってみました。

創業1946年という米インディアナポリスの音響メーカー Klipsch”(クリプシュ)製です。

スピーカーは2004年からヤマハが輸入代理店を行っており、
2011年7月12日から全ての製品が
イーフロンティアによる日本国内独占販売となっています。

ヘッドホン好きで常用するためか気に入っている物ほど各部が痛み易いので、
注文し易いVictorに関しては補修部品の取り寄せとかしています。

が、今回の品は初めてのメーカーですし、使い勝手を確かめてから
補修部品の確保に踏み切るかどうかを判断してみたいと思います。


20121127日追記
補修部品取り扱いは無いとのこと

GWまでの2ヶ月で
付属ケーブルプラグ付近で内部断線したけ
このまま他社製ケーブルを使い続けるしか無さそう。

今、代わりに使っている
FOSTEXL字プラグ付きケーブル結構いい

TM110Bというやつ。
L字側を相手に付けるとケーブルが横出しになるので
これの方が取り回しが快適
かもしれない
PSVITAに最適。
23買ったばかりの
みんゴル6
しかやってないけど。


イヤーパッドなどの消耗品
追加で買えないと不便だと思うんだけどね

まあ、日本のメーカーじゃない
自国外では売り切りの方が楽だよね、
そうだよね


ゼンハイザーは
普通に買えるけどね。


規模が違うかもしれないけれど、
価格は似たようなものだから比較されるでしょう。





Klipsch_Mode_M40_02.jpg
パッケージの蓋は幅12mm×70mmにカットされた黒い不織布を
強力な両面テープで輪にして固定されています。
キレイに剥がすのも再利用も無理そうなので、バッサリ切ってしまうと良いでしょう。

私は最初、どこから開けるのか分からず、相当悩みました。
初見だと、箱の左右が黒いリボンで固定してあるように見えるんですよ。






Klipsch_Mode_M40_03.jpg
上蓋を取り去ると、中にはメーカーロゴが型押しされた合革のケースが。






Klipsch_Mode_M40_04.jpg
更にこのケースを開けると巾着に入ったヘッドホンが出てきます。

輸送の事まで考えた梱包になっているんですね。
流石、定価で350ドルもするヘッドホンだけのことはあります。
http://www.amazon.com/dp/B005N8A4Z0

先月までのレートだと約26000円といったところでしょうか。

代理店の取り分が10%くらいと控えめなようで、
2012年2月19日現在、日本での実売価格は31600円~といったところになっています。






Klipsch_Mode_M40_05.jpg
箱の中には、
オーナーマニュアル(日本語を除く)、航空機用アダプタ、1/4インチアダプタ、
Apple用3ボタン付き布巻きケーブル、3.5φプラグ布巻きケーブル(1.5m)、
が入っていました。

イーフロンティアが添付したと思われる製品保証書と日本語ユーザーマニュアルは
強力な両面テープで箱の裏面に貼り付けてありました。

非常に剥がれ難く、安心感がある固定方法ではありますが、
ユーザーサイドから見ると剥がし跡が汚くなってしまうので止めて欲しいところです。

箱の構造上、開けて入れるわけにもいかず苦肉の策とは思いますが。






Klipsch_Mode_M40_06.jpg
本体はコンパクトに折り畳める様になっています。






Klipsch_Mode_M40_07.jpg
広げるとこんな感じ。

ヘッドバンドの黒い部分は温度変化に強そうなゴム製。
イヤーカップの黒い部分はピーチスキン風の樹脂製。写真だと違いが分かり難いですね。






Klipsch_Mode_M40_08.jpg
右のイヤーカップ外側にノイズキャンセルの電源スイッチ。






Klipsch_Mode_M40_09.jpg
左のイヤーカップ外側に単4電池ホルダー開閉レバー。






Klipsch_Mode_M40_10.jpg
開けるとこんな感じ。

ちなみに右側のイヤーカップは開きませんが、
材質は左右とも同じでプラスチックに塗装&メッキ加工してあるようです。






Klipsch_Mode_M40_11.jpg
再生ボリュームにも依るのでしょうが、
単4型アルカリ乾電池1本で最長45時間くらい利用可能だそうです。
かなり省電力ですね。

以前から使用しているVictorのHP-NC250
単4エネループの実働で40時間くらいだったような。

あ、これエネループ使えるのかな・・・。

日本語ユーザーマニュアルには単4型乾電池、
多国語オーナーマニュアルには
AAAタイプのバッテリーを使用しろ、としか書かれていません。



あ、話が逸れますが、私の買う電化製品は汎用性の無いバッテリーよりも
単4、単3、などの乾電池・充電池が使用可能な物を優先的に選ぶようにしています。

何故なら、本体が壊れていないのにバッテリーが寿命になってしまっただけで
本体が使えなくなってしまうというのが、あまりにもバカバカしいからです。

新製品として発売した直後に買ったとしても、
そのまま生産終了になってしまうような製品の場合、
補修部品としてのバッテリーが7年後まで持つかどうか怪しいので、
自衛策としてこういう購入嗜好(思考)をするようになってきました。

どんなにデザインが良くても性能が良くても、あと5年もすれば
私のJabra Bluetooth Hedset HALOは使えなくなってしまうでしょう。

あ、でもPSP goと一蓮托生気味で殆ど使ってないから、意外と長持ちする・・・かも。

Jabra Bluetooth Hedset HALOはBluetoothによる通信ラグがあるのでアクションゲームではほぼ使えません。
実際のところ、電話とボイスチャットと音楽再生には便利かな。







Klipsch_Mode_M40_12.jpg
電源を入れると電源スイッチが赤く光ります。
輝度はさほどでもないので周囲の迷惑にはならないでしょう。






Klipsch_Mode_M40_13.jpg
左右のイヤーカップはヘッドバンド部から多少伸ばす事が可能。

でも、本当に多少で調整幅が少なめになっているのが気になります。
上の画像では既に目一杯伸ばしてあります。

まあ、金属製とはいえ強度的には、この長さがベストなんでしょうかね。

上の画像で意図的に左右のイヤーパッドを動かしてありますが、
イヤーカップ内のイヤーパッド部は独立して上下左右に傾くようになっているので、
余程大きな顔か耳で無い限りは装着できないということはないでしょう。

とはいえ、ノイズキャンセリング・ヘッドホンとしての効果を重視している為か、
確かに少々キツめな感じです。



私のように 動いてもズレない方が良い し、
このフィット感んんん~フォォォォ!などと
ジョークで勧めるネタに出来そう





と思えない方は試着(というか試聴?)可能なお店で確認してから購入すると良いでしょう。






Klipsch_Mode_M40_14.jpg
イヤーバンド、ヘッドバンド部の外装はシボ加工された琥珀色の半透明樹脂で、
国内外、他に類を見ない雰囲気を醸し出しています。

が、中の部品が透けて見えてしまっているので、明るい所では少々気になりますね。

樹脂にシボ加工という点でお分かりのように
何か硬い物にぶつけたり強く擦ったりすると
シボが薄くなってキズが激しく目立つので注意が必要です。

まあ、そういった使用感を感じさせるキズも悪くは無いですが、ね。






Klipsch_Mode_M40_15.jpg
あ、そうそう。

Klipsch社としてはノイズキャンセリング以外に
ヘッドホンとしても中々の拘りを持って設計したようで、
振動版が片側2枚ずつ入っています。

パスフィルタでロー、ハイに振り分けているんでしょうかね。
高音大好きな私にはありがたい構造です。






Klipsch_Mode_M40_16.jpg
イヤホン端子は特に特殊な事は何も無く、付属のケーブル以外でも問題無さそうです。

デザインが統一されているので付属のケーブルを使うのがベストかな?

純正を使うなんて勿体無い&ワイヤレスにしたい方は各自でお試しあれ。







音に関してのコメントが全く無い?

これは個人の好みもありますし、まだ使用開始から1日目ですから。

そうでなくとも、普段、自宅で使用しているHP-DX1000以上ということは
私の好み的にそうそう無いと思います。
耳が慣れてしまっていますし、ドライバのコーンサイズ違いますし。


前述のHP-NC250より音が良ければ満足です。
1万円以上の価格差ですから、デザインだけでなく、音も良くないと困ります。


HP-NC25040mmドライバの割りには音が軽いんですよね。
オープン価格20000円前後(現在では実売13000円~)と高いのに。
耳の形さえ合えばノイズキャンセル効果が高く、本体重量が軽い事もあって、
携帯ゲーム機などに使う用途なら悪く無いヘッドホンなんですが。


そうそう、Mode M40は電源を入れていなくても、けっこう音が出る感じです。
HP-NC250は電源を入れていないと構造上の問題か、音がかなり小さくなります。

それでは、また次回。


ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D のサントラが届きました [音楽]

ZELDA 3D 11.jpg
全く何のひねりも無いタイトルですが、ポイント登録と同時に申し込んだ
ゼルダの伝説 時のオカリナ 3DのオリジナルサウンドトラックCDが届きました。

申し込んだのが2011年 6月 16日の21時頃なので、
ウチに届くまで6日かかっていない事になります。

受注生産だと思い込んでいましたが、
確かに、初回出荷数量分くらいは事前に作っておいてもおかしくはありませんね。

01.タイトル から 51.スタッフロール までの全51曲が収録されています。

任天堂は数年前まで
「ゲームの曲はゲームをプレイしている最中以外に単独で聞く様には作られていない」
とかいっていたので、こうしてサントラを作り続けてくれるのはありがたい事です。

個人的には “カエルの為に鐘は鳴る” のサントラが欲しいところですね。

既にNINTENDO SOUND SELECTION VOL.3 B-SIDE MUSIC
「王子の冒険(カエルの為に鐘は鳴る タイトル曲)」が収録されてはいるのですが、
これ1曲きりなので。


まあ、到着報告まで。


それでは、また次回。